読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.Childrenデータベースブログ

Mr.Childrenデータベースから見えてくるMr.Childrenの今までの活動(Live、Discograpy、楽曲など)をデータに基づいて考察します。また、ミスチルに関するトピックを取り上げて紹介することもあります。

発売から22年経ったシングル「【es】 〜Theme of es〜」について語る

スポンサーリンク

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41RTPSW0R3L._SS160_.jpg

www.mrchildren.jp.net

今回は、発売から22年経ったシングル「【es】 〜Theme of es〜」について語りたいと思います。

というか、このシングルが発売されてもう22年経ったことにものすごく驚いています。

デビュー3年でこんな曲を書けるとは、すごい!!

 

1曲目の「【es】 〜Theme of es〜」は、壮大なスケールの曲だというのが私の感想です。

ゆっくりと曲が進行していると思いきや、転調して「Oh なんてヒューマン」って激しさが加わる展開が好きな曲です。

デビューアルバムの「EVERYTHING」で若さ全開の曲を歌っていたアーティストとは思えないほど、大人になったな~と思わせてくれる曲です。

ちなみに、「es」は、心理学用語では「自我の一種」らしいです。

私は、そう言われてもピンとこないです。(笑)

人間が好きだという曲なのかという解釈です。

 

2曲目の「雨のち晴れ (Remix Version)」は、アルバム「Atomic Heart」に収録されていた同名の曲のリミックスバージョンです。

曲の最初では、違う曲なのかなというくらいアレンジされていますが、曲の進行は変わりません。

曲の長さが長く、オリジナルが5分34秒なのに対して、9分39秒となっています。

これは、間奏で桜井さんの語りがあるのと、演奏が追加されているためです。

サラリーマンの応援ソングですね。この曲聴くと励まされることもあります。