Mr.Childrenデータベースブログ

Mr.Childrenデータベースから見えてくるMr.Childrenの今までの活動(Live、Discograpy、楽曲など)をデータに基づいて考察します。また、ミスチルに関するトピックを取り上げて紹介することもあります。

発売から13年経ったシングル「掌/くるみ」について語る

スポンサーリンク

http://ecx.images-amazon.com/images/I/215BG04PRWL._SS160_.jpg

www.mrchildren.jp.net

今回は、発売から13年経ったシングル「掌/くるみ」について語りたいと思います。

当時、ミスチル初の両A面シングルとして発売されました。

 

1曲目の「(てのひら)」は、発売された当時の私は衝撃を受けました。

活動再開後から出されたシングル曲は、さわやかソングが多く、掌のようなドロッとした曲が出されていなかったことが一つの理由です。

何が他の曲と違うんだろうと未だに分からない曲です。

 

ライブでは、原曲に無かったフレーズが演奏され、コーラス担当の方がメインで歌うことがあります。

ライブDVD「Mr.Children Tour 2004 シフクノオト」などで見ることが出来ます。

 

すごい格好良い曲で、この曲がライブで流れたらガッツポーズします。

 

 

2曲目の「くるみ」は、タイアップは発売後に決まったもののNTTドコモ・NTTドコモ東北CMソングとなりました。

曲は、バラードで優しい音色が気持ちいいです。

だけど、この曲は、PVの面白さが目立ちます。

PVでは、おじさんたちが集まってバンドを結成させ、くるみを演奏しています。

バンドの名前は、「Mr.Children」ではなく、「Mr.ADULTS」。

だけど、バンドは誰からも注目されることなく、去っていく。

これだけの演奏をすれば、ルックスがおじさんだろうが、注目する人は注目するだろうと思いますが、フィクションなので、こんな感じです。

このPVは見ると何故か笑ってしまいます。

 

発売当時は、Youtubeは無かったので、「CD EXTRA」で、PVをパソコンで見ていた記憶があります。

「CD EXTRA」というのは、CDの形式で音楽も聞けるし、プレイヤーがあれば映像も見ることができる仕様です。

このシングルは、「CD EXTRA」で発売されました。