Mr.Childrenデータベースブログ

Mr.Childrenデータベースから見えてくるMr.Childrenの今までの活動(Live、Discograpy、楽曲など)をデータに基づいて考察します。また、ミスチルに関するトピックを取り上げて紹介することもあります。

発売から10年経ったシングル「しるし」について語る

スポンサーリンク

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51nXXNr3Z8L._SS160_.jpg

www.mrchildren.jp.net

今回は、発売から10年経ったシングル「しるし」について語りたいと思います。

 

1曲目の「しるし」は、ドラマ「14才の母」主題歌として起用されました。

スローテンポなバラードで、歌詞を噛みしめてしまいます。

この歌詞は、おそらく男女のラブソングなのかもしれませんが、親子の愛情も描かれているような気がします。

「僕」と「君」が登場しますが、「君」は、奥さんでも彼女でも、子供でも、もしかしたら親でもあてはまると思いました。

色々な想いや光景が浮かんでくる、不思議な歌詞だと思いました。

 

この曲は、今年私が行った「ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special ~R² need U, I need U~ 」で披露されましたが、ドラムのジェン(鈴木)さんが大画面に映し出されて、いつものように楽しそうな顔をしてドラムを叩いていたので、ジェンさんの顔が映し出される画面に気を取られて曲が頭に入ってきませんでした。

こういうバラードであの顔をするのは、反則だと思いました。(笑)

 

 2曲目の「ひびき」は、親目線で子供を想う気持ちを表現した歌だと思います。

弾むようなメロディーで、おとなしめなこのシングルにポップさを付け加えてくれる曲です。

2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では12位に選ばれています。

その後の2015年に開催された対バンツアーで見事披露されています。

ライブで流れたら、すごいさわやかな空気になりそうですね。

 

 

3曲目の「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」は、映画『幸福な食卓』主題歌になっています。

2003年に発売されたシングルで収録された曲ですが、原曲よりキーが下がっております。

また、演奏も原曲と全く違ったものになっています。

どっちが良いかは、人の好みに分かれますが、私は原曲派かな。

原曲は、バンド演奏が最初からありますが、こちらの曲は、ピアノから始まり、後からバンド演奏で盛り上がるので、原曲の方が好きです。

聴いたことない方は、「B-SIDE」くるみ - for the Film - 幸福な食卓の収録Album一覧 | Mr.Childrenデータベースにも収録されていますので、聴き比べてみてはいかがでしょうか。