読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mr.Childrenデータベースブログ

Mr.Childrenデータベースから見えてくるMr.Childrenの今までの活動(Live、Discograpy、楽曲など)をデータに基づいて考察します。また、ミスチルに関するトピックを取り上げて紹介することもあります。

発売から23年経ったシングル「CROSS ROAD」について語る

スポンサーリンク

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41BX8CJPY2L._SS160_.jpg

www.mrchildren.jp.net

今回は、発売から23年経ったシングル「CROSS ROAD」について語りたいと思います。

 

このシングルは、ミスチルのシングル・アルバム通しての初ミリオン作品で、Mr.Childrenを世に広めたシングルです。

オリコンチャート最高位6位ながら、半年かけて100万枚以上売り上げたのは、当時のCDの売り上げ枚数のすごさを表しています。

 

1曲目の「CROSS ROAD」はドラマ「同窓会」の主題歌になり、この曲で「ミュージックステーション」や「ポップジャム」といった音楽番組に初出演しました。

 

「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では11位に選ばれながらも、ブログ執筆時点では2007年のライブ以来演奏されていません。

 

私が特に好きな部分は、

抱き合う度にいつも 二人歩んだ日々の
答えを探してきたけど 崩れてく音もたてずに
果たせぬままの夢(ドリーム)

で、「崩れてく」でファルセットになるところです。

この曲でちょっと不思議に思うのは、間奏が極端なくらいほとんど無いところです。

こういう構成の曲は、ライブで盛り上がりづらいと思うので、あえてライブ演奏されていないのであれば気持ちも分かります。

逆にそういうことが面白い曲かもしれませんが。

 

 

2曲目の「and I close to you」は、シングルが発売される2か月くらい前に発売されたAlbum「Versus」からのリカット。

この曲は、若い!!

はじけるポップソング。

「CROSS ROAD」のような静かめな曲には、ちょうど良いカップリング。

あまりに若い曲だからか、1997年のライブ以降演奏されていません。

この勢い、好きだな~。

 

You must be break down~

というところからの盛り上がりが特に好きです。

これ、ライブで聴いてみたいですね。