Mr.Childrenデータベースブログ

Mr.Childrenデータベースから見えてくるMr.Childrenの今までの活動(Live、Discograpy、楽曲など)をデータに基づいて考察します。また、ミスチルに関するトピックを取り上げて紹介することもあります。

発売から23年経ったシングル「Replay」について語る

スポンサーリンク

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51uFr-QVinL._SS160_.jpg

このシングルは、ミスチルの作品の中でも人気無いシングルだな~と思います。

そんな1993年7月1日に発売され、23年経過したシングル「Replay」について語りたいと思います。

 

曲の構成は、1曲目に「Replay」、2曲目に「All by myself」、3曲目に「Replay(Instrumental Version)」となってます。

 

1曲目の「Replay」は、付き合って3年目になる彼女への想いを歌った曲です。

長く付き合うと出会った頃のように接するのが難しくなるのが一般的だと思います。

気持ちが冷めてしまっていくこともあるでしょう。これを3年目のジンクスと言う人はいます。

だけど、「Replay」することができれば、また気持ちが盛り上がることもあるでしょう。

 

最後に、

「時は流れても Don't change your heart. and keep loving you.」

と歌ってます。

「時が流れても、彼女の気持ちよ、変わらないで」と。

この女々しさが思春期の男子的な気持ちではあるのですが、思春期が終わってしまえば、受け入れられる人は少ないでしょう。

なので、人気が無いのでは?と推測しています。

 

しかしながら、この曲を聴いていると「海」の情景が浮かんでくるので、歌詞を気にせずに聴くのがおすすめです。

 

この曲は、グリコ「ポッキー」CMソングとして起用されました。

そう考えると、23年前から「ポッキー」は存在していたのですね。

ちなみに、1966年から発売されていますので、50年前から存在するお菓子です。

それもすごい話ですね。

http://www.pocky.jp/products/img/15_img_products01.png

曲の話に戻りますが、最近では、2011年のLiveで演奏されてますが、1997年のLiveで演奏されてからかなりの時間が経っての演奏です。

シングル曲なのに、メンバーからも人気が無いのではないかと疑ってしまいます。

 

ちなみに、FATHER&MOTHER「ファンクラブ会員が最もライブで聞きたい曲」REQUEST RANKINGでも30位以内に入っていないことから、人気があるとは言いづらい曲ということが分かります。

 

 

 

2曲目の「All by myself」は、アルバム「Kind of Love」からのシングルカットです。

 こちらもファンクラブ会員がライブで聞きたい曲の30位以内に入っていないことから、人気があるとは言いづらいです。

 

また、ライブでは1997年以来演奏されていないため、メンバーからも人気が無いと言えるでしょう。

 

作詞・作曲が桜井和寿&小林武史と共作になっている珍しい曲です。

共作になっていると、どの部分が桜井さんが書いたんだろうとか気になりますね。

 

 

まあ、人気が無いとしても、ミスチルの作った曲は完成度が高い。それは揺るぎないと思います。

夏にリリースされたこのシングル。

これから夏を迎えるのにぴったりと思います。聞き返してみるのもお勧めです。

 

ソース:

www.mrchildren.jp.net